[第1回稼げるブス講座]自分はブスだと自覚する

こんにちは。KOHDA(コーダ)です。
これから、稼げるブスになるための方法を伝授する「稼げるブス講座」を始めます。

この講座は毎回提示される課題をこなすことで、いつの間にか「稼げるブスになっている」ことを目指します。「課題があるのか。面倒だなぁ~!」と思われることは自覚していますが、課題をこなすことでいくつものメリットがあります。

・自分のやりたいことが見つかる
・自分の持つ能力を把握できる
・好きなことでお金を得る方法を知ることができる
・頑張らずに自分を売り込めるようになる

など、「稼げるブス」になるステップアップになるので頑張ってついてきてくださいね!

第1回「自分はブスだと自覚する」


1_illust.png
第1回のテーマは「自分はブスだと自覚する」です。
「言われなくても分かってるよ!ひどいよ!」と、思いますよね。
そうです。現実はひどいのです。

例えば、あなたのこれまでの人生を振り返ってみましょう。

・道でスカウターに声を掛けられた
・母校のパンフレットのモデルになった
・モテ期があった
・男性or女性がいつも優しい
・メイクや服がキマる!


どれか一つでも当てはまりましたか?・・・聞くなって感じですよね?
ちなみに、私はひとっつも当てはまりません!笑
つまり、ブスだということです

なぜ、ブスという自覚が必要なのでしょうか?

自分で自分を幸せにしなければならない


その理由は、自分で自分を幸せにしなければならないことを自覚して欲しいからです。

ブスなんて、誰も幸せにはしてくれません。
蔑まれるか、疎まれるか、笑われるかのいずれかです。
男女なんて関係ありません。これがブスの扱われ方です。

そんなブスが幸せになるためには、自分で努力するしかありません。
自分を幸せにしてくれるのは自分だけ。自分にしかできないのです。
辛い現実ですが、受け止めることから始めましょう。

他人に依存しない


現実を受け止めるとはつまり、他人に依存しないと決めるのです。

「いつか彼氏or彼女ができる」
「いつか結婚できる」
「いつか家族を持ってマイホームで生活するようになる」


このように、自分が人並になれると思っている時点で他人に依存しています。
「いつか誰かが幸せにしてくれる」という幻想は、捨てなければなりません。

漫画家の西原 理恵子さんがこのような発言をしています。
「寿司と指輪は自分で買おう」←クリックで外部サイトに飛びます

女性に向けた記事ですが、男性も思うところがあると思います。
そうなのです。寿司も指輪も、自分で買えるだけの経済力を持たなければならないのです。
特にブスな人ほど。

まとめ


いかがでしたでしょうか?辛辣・・ですが、現実的な内容だったと思います。
最後に、第1回稼げるブス講座の内容をまとめますね。

・ブスは自分で自分を幸せにしなければならない
・他人に依存しない


第1回 課題発表


それでは、第1回の課題を発表します。自分がブスだと自覚するために実施しましょう。

1. 欲しいものを挙げる
2. その横で「自分で買う」と書く


私も実施して、このようになりました。

銀座の寿司に行く←自分で
4℃のアクセサリーを買う←自分で!
マセラティに乗って日本中をドライブ←自分で!!
伊豆に別荘を買う←自分で!!!
死ぬまでに海外旅行で世界制覇←お一人さま旅行だ!!!!

おのずと、やってやる!という気持ちになってきました笑

【実施した課題をお送りください】

本サイトでは、実施した課題のご提出を受け付けています。ぜひ、アウトプットの機会にお役立てください!
提出先は以下になります。

real_verification★yahoo.co.jp
(スパム防止のため、メールアドレス★の部分を@に変えて)
メールでお送りください。

提出された方には、「欲しいモノを手に入れるための貯蓄ペース」が分かる
KOHDA作成「オリジナル家計簿Excel」をプレゼントします!


その際自分が何ブスか教えてください。本名は不要です。
私だったら「おたふくブス」です。

それでは、あなたからのご提出をお待ちしています!



この記事へのコメント